家では勉強しなくていい?

考えごと

そんなわけない。やったほうがいいに決まってます。

やればやるほど得なんですから。

でも、「○○をやりなさい」とは言いません。

大きな理由の一つに、形だけで終わることがほとんどだから。

やっつけ仕事と言いますか。

それでも全く意味がないとまでは言いませんが、とりあえず埋めた感満載の課題が返ってきても、「時間もったいないな。」と思うんです。

生徒がそれを自宅でやる時間も、それを採点する時間も。

その分、塾で勉強してもらえばいいかと。

監視されていて、わからなければすぐ聞けて。

その状況ですら、きちんとさせるのは大変。

さすがに学校の課題くらい計画的にやれよとは思いますが。

やりませんよ。

そんな期待はやめましょう。

私も生徒が大事です。

大事だからこそ期待しません。

私の目の前で確認できること以外は。

たくさん失敗してきているんです。

だからこそ、期待や信用はしない。

頑張って通ってもらって、同じことでも毎回教えてあげるんです。

何回教えても、「初めて聞きました!」みたいな子もいます。(爽やかな顔して)

仕方ありません。

家でやらないんだから。

こっちが根気よくやるしかありません。

教室に来るところまで頑張ってもらえればいい。

そう考えていました…

が、話変わります。

実は今ですね、来年度から通塾システムを少し変えようと思ってます。

もっと効率よくできないか、もっと成果が出せるようにならないか。

今学期ずっと考えていました。

夜中に目が覚めると、一休さんみたいに座禅組んで考えるわけです。

いうまでもなく嘘です。そんなことしてません。

そして、閃きました。

宿題はいい使い方ができるかもしれないと。

その問題が解けるかどうかははっきり言ってどっちでもよくて、ダシに使えそうだと。

仕方ない、やるか。と思わせるためのダシに。

詳しくは今年度いっぱい精査いたしますので後ほど。

今まで暗記くらいしか出してこなかったですが、少し前向きになれそうです。

宿題にも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました