学校の課題のことも考えなくてはいけない

方針

と最近思い始めています。

以前、「学校の課題に関してはノータッチです。」

みたいなことを宣言しました。

しかし、こちらがその姿勢でいると、生徒自身の力だけでは全然進められないこともあります。

学校の先生は、前もってまとまった量の課題を出します。

それだと、提出期限直前になってほぼ終わっていないということが起こります。

そこで、ルールの範囲内で少しお手伝いしようかと思います。

1・2年生

1. 受講科目数によりますが、補習及びテスト対策での授業時間を1日に最大で3時間(80分×2)に制限します。(テスト直前の土日祝を除く)

2. 課題が心配な生徒は授業時間外で追加で塾に来てもらう。(固定で塾にくる日を設定)

3. こちらの判断で心配がない生徒にはなにも言わない。(希望者のみ対応)

3年生

1.  受験学年なので夏以降は毎日塾で勉強。学校が休みの土日祝の夕方以降の時間を、学校の課題に優先して取り組む時間とします。

受験勉強で忙しいので、これ以上の対応は難しいです。自分で時間を作って進めていく意識は求めます。

まとめ

全員分のできあがった課題を回収してチェックすることまではできません。

ある程度気にかけておきます。くらいに考えておいてください。

最後に一つご連絡を。

申し訳ございません。

明日25日(月)は、学校がお休みで朝から教室を開ける予定でしたが、急な私用により通常通りの時間帯で授業を行います。

生徒の皆さんは、学校の課題を進めておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました